壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
日本沈没
日本沈没 Nihon chinbotsu (2006/日本)

コウたん!コウたん!

監督
樋口真嗣 Shinji Higuchi
脚本
加藤正人 Masato Kato
原作
小松左京 Sakyo Komatsu
出演
草剛 Tsuyoshi Kusanagi (小野寺俊夫)
柴咲コウ Kou Shibasaki (阿部玲子)
豊川悦司 Etsushi Toyokawa (田所雄介)
及川光博 Mitsuhiro Oikawa (結城慎司)
大地真央 Mao Daichi (鷹森沙織)
石坂浩二 Koji Ishizaka (山本尚之)
國村隼 Jun Kunimura (野崎亨介)
福田麻由子 Mayuko Fukuda (倉木美咲)
柄本明 Akira Emoto (福原助教授)
ピエール瀧 Pierre Taki (自衛隊員)
and more


1973年に刊行、映画化された『日本沈没』のリメイク作品。

映画にお金かけないイメージの強い日本の作品とは思えないくらい、
派手で、安っぽくなく、妙にリアリティがあって、見ごたえのある作品でした。
普通に泣けるし・・・!

やっぱアレかなー
柴咲コウがいいのかなー
コウたんかわいいよコウたん(*´д`*)ハァハァ


それはさておき。


【ストーリー】
ある深海調査に参加した潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとしなかった。しかし、内閣総理大臣・山本尚之は事態を重く受け止め、危機管理担当大臣を置き、日本人の避難先確保に動き出す。時を待たず、地殻変動の波が日本列島を次々と襲い、犠牲者が増大する。そんな中、小野寺は、ハイパーレスキュー隊員の阿部玲子と出会う。(ALLcinemaONLINEより引用)



以下ネタバレあり



まず、こんな地殻変動が果たして本当に起き得るのか、
日本中の火山が(休火山含め)噴火するなんてことが起こるのか、
なんていうか、日本列島だけが超急速に沈没するなんてことがありうるのか、
どこまであり得る話で、
どっからツッコミどころなのか分かりませんでした。

でも分からないおかげで、素直に映画を観られたと思う。
だから泣けたし。
ありがとう>無知なあたし



見どころはけっこうあって、
↑にも書いたけど、細部まで凝っていて、CGもお金かかってるし、
地震や地震被害、都市崩壊や火山噴火など、ちょっとぞっとするくらい上手くできてました。

あとはあれかね、演技派が揃っていて、役者の演技に引き込まれる。
トヨエツ、ミッチー、コウたんが特に良かったです。


コウたんは、阪神大震災で両親を亡くした女の子。
自分がそうされたように、災害被害者を助けたくて、
ハイパーレスキュー隊に所属しています。
男勝りなコウたん(*´д`*)ハァハァ

ヘリから降りてきて間一髪助けてくれたレスキュー隊員がおにゃのこで、
しかもコウたんだったら萌え死ねます。

更に、強がってるけど本当は普通の女の子で、
大切な人を亡くすのが怖くて、人を好きになることを拒んでいるコウたん。
でも「小野寺さんが好き!」と泣きながら告白、
そして草の膝枕でご就寝するコウたん・・・・・


あなた、ツンデレの神様ですか?



草は、ジャニーズだからって格好良い配役だったりするのかな、という期待を見事に裏切ってくれました。
主役とは思えない優柔不断っぷりで、
トヨエツが政府と戦い、コウたんが人命救助に明け暮れる中、
1人避難所をふらふら彷徨う草。

最後はわかりやすいヒーローっぷりでしたが、
戻れない仕事に出る決意をするまでが浅かったのが、ちょっと残念でした。
枠の関係もあるんだろうけど、
原・前作とは違って、草&コウたんがメインなんだから、
もっと2人の苦悩とか、悲しみとかを描いて欲しかったな。

しかし、死を決意して、その前夜をコウたんと過ごしたのに、セックスしなかった草は偉い。
もししてたら、別れた後の、コウたんの悲しさが倍増しちゃうもんね(´;ω;`)
男らしいぜ、草。
スマッペだから嫌いだったけど、見直したお。




えーと、感想の8割がコウたんな気がしますが・・・
まぁ、コウたん可愛いので仕方ないですよね。


他の感想としては、
世界各国が難民受け入れに批判的だったり、
あっさりアメリカが日本を切った辺りが妙にリアルでこわかったです_| ̄|○

それと、
「自分だけ助かりたい」と必死になるのは見苦しいな、と思いました。
実際こんなことになったら、多分一番に逃げ出したい、と思うだろうけどw、
「このままこの国と沈んでもいいかな・・・」と達観できたら格好良いよね。

あと、美咲の母が死ぬシーン。
ブラディになりながら喋るなんてすごい生命力^^と心の中でツッコミつつも、
心肺停止になった美咲の母に、声をかけながら心マする看護婦に感情移入しそうだったお(´ヘ`;)
切ない。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
見たよ。泣いたよ。
私も見たよー。
私も、セックスしなかったことに、ジーンときちゃったよ~。

それから、あの迫力!映画館で見ないと。
テレビで見る気にはならんなぁ。
2006/08/21(月) 12:46:16 | URL | eme #SFo5/nok[ 編集]
やっぱり、あれですかね。
地震保険には入っていたほうが良いということですかね?
2006/08/21(月) 20:34:01 | URL | ツイテル #-[ 編集]
だおねー!
>emeたん

けっこう迫力あったよね。
これは映画館で観た方が良いよね。

死ぬ前夜のシーン、女子目線だと似たような感想になる気がした。
メンズはどう思うのかな?
「どうせ死ぬんだしやっとけYO」って思うのかなw
2006/08/21(月) 21:00:24 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
いや
>ツイテル様

死ぬときは潔く死にましょう、ということじゃないでしょうか?
2006/08/21(月) 21:00:56 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
トラックバックありがとうございます
こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>主役とは思えない優柔不断っぷりで、

これが「エヴァ」世代の主人公作りだと思います。監督自身も「エヴァンゲリオン」のコンテに携わった方ですしね(^^ゞ
2006/08/23(水) 07:10:26 | URL | でんでん #O7xVy9HA[ 編集]
TB&コメントありがとうございます
>でんでん様

ですよねー。
アンノ夫妻も出演してましたしw(関係ない)

そうか、草はシンジだったのか・・・・
2006/08/23(水) 21:35:02 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
公開:2006/07/15(07/17)監督:樋口真嗣原作:小松左京出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。...
2006/08/21(月) 21:31:54 | 映画鑑賞★日記・・・
今日は東宝のウェブサイトで当選した 『日本沈没』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
2006/08/21(月) 21:37:24 | しましまシネマライフ!
ネタ切れリメイクブームなのはハリウッドだけではないらしい。こちらは1973年のパニック映画ブーム真っ只中に公開された、小松左京原作、森谷司郎監督の「日本沈没」のリメイク。劇場映画の後、同名のテレビシリーズも作ら
2006/08/21(月) 22:01:57 | ノラネコの呑んで観るシネマ
※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。----これって小松左京のベストセラーだよね。日本列島が沈没・消滅すると言うタイトルそのままの物語。確か1973年にも映画化されている。「うん。でも時代が変わるとこ
2006/08/21(月) 23:45:55 | ラムの大通り
「日本沈没」は33年前に映画化された「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、この映画を通じて未来にありえる事と地震、津波、洪水など未曾有の事態をより考えさせてくれた作品でもある。
2006/08/21(月) 23:53:13 | オールマイティにコメンテート
ネタバレあり。石坂浩二の髪型は言うまでもなくコイズミを意識していて、ヘドが出そうだった。この映画の中の首相はコイズミとは違って随分良識派だったけど。なんで「友情出演」なの?と思っていたら、あんなに早く死ぬからだった。そもそも「友情出演」とか「特別出演」と
2006/08/22(火) 11:08:51 | シネマ日記
地殻変動による大地震で、沈没していく日本の様子を描いた作品です。
2006/08/22(火) 15:01:04 | 水曜日のシネマ日記
【監督】樋口真嗣【出演】草?剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二【公開日】2006/7.15【製作】日本【ストーリー】潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小
2006/08/22(火) 20:23:15 | シネマをぶった斬りっ!!
 今年、夏の大作というと洋画では「MI:3」が思い浮かぶが、邦画も負けていない。
2006/08/23(水) 07:07:16 | ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版)
「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」「守りたい人がいるんです。奇跡は起きます。起してみせます!」国土だけではなく、心まで失ってしまうのか?1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――
2006/08/27(日) 16:37:33 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
 今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
2006/08/28(月) 10:27:53 | ネタバレ映画館
日本沈没上映時間 2時間15分監督 樋口真嗣出演 草磲剛 柴咲コウ 豊川悦司 大地真央 及川光博評価 4点(10点満点) ご存知リメイク作。内容的には凄く興味はあるけどね。たまに嫌なことあると、沈没しないかなーとも思ったり。 何マゲドンですかね....
2006/08/28(月) 14:46:38 | メルブロ
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。