壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ブラック・ダリア
ブラック・ダリア The Black Dahlia (2006/アメリカ)

後からじわじわ~っと気持ち悪い映画

監督
ブライアン・デ・パルマ Brian De Palma
原作
ジェームズ・エルロイ James Ellroy 『ブラック・ダリア』
脚本
ジョシュ・フリードマン Josh Friedman
出演
ジョシュ・ハートネット Josh Hartnett (Dwight "Bucky" Bleichert)
アーロン・エッカート Aaron Eckhart (Leland "Lee" Blanchard)
スカーレット・ヨハンソン Scarlett Johansson (Kay Lake)
ヒラリー・スワンク Hilary Swank (Madeleine Linscott)
ミア・カーシュナー Mia Kirshner (Elizabeth Short)
マイケル・P・フラニガン Michael P. Flannigan (Desk Officer)
ローズ・マッゴーワン Rose McGowan (Sheryl Saddon)
フィオナ・ショウ Fiona Shaw (Ramona Linscott)
and more


【ストーリー】
共にボクサーとしての経歴を持つロサンジェルス市警の名物コンビ、バッキー・ブライカートとリー・ブランチャード。リーには美しい同棲相手ケイ・レイクがいたが、いつしか彼らは3人で行動を共にするようになっていた。そんなある日、腰から切断された若い女性の死体が発見される。やがて被害者の身元が、女優を目指してマサチューセッツからやって来たエリザベス・ショートという女性と判明する。マスコミは彼女を“ブラック・ダリア”と呼び大きく報じる。一方リーは、この事件に異常なほどの執着を見せ、ケイとの時間さえ惜しむほど捜査に夢中になっていく。(allcinemaONLINEより引用)


何が気持ち悪いって、死体が。
殺し方が、見せ方が。
そして、「映画の画像ないかな~」と軽い気持ちでイメージ検索したら、思いっきりグロ画像にぶち当たったから_| ̄|○

さらに、 こ れ が 実 話 を 元 に し て る か ら


わーんわーんきもちわるいよー
夢に出るよーヽ(´Д`;)ノ



サスペンスにしてはツメが甘いというか中途半端で、
ストーリーも犯人も分かりやすいし、
ケイ(スカーレット・ヨハンソン)をめぐる三角関係が面白いかというとそうでもなく、
一体何が言いたいの?という感じ。
無駄に豪華キャストだし。

ひとつの流れに、たくさんの背景が絡んでいるのですが、
それがたくさんありすぎ&ひとつひとつの扱いが大きいため、
どれが本筋なのか分かりづらい。
というか、ブラック・ダリア殺人事件がメインなのかと思って観たのに、
どちらかというと、事件はきっかけにすぎない感じだったのが、
悪い意味で意外だったのかしらん。


とにかく、後味が悪い、という他に感想がありません。
スカーレットとジョシュたんが付き合い出した、実にめでたい映画なはずなんですが。

ジョシュたんはスタイルがいいねぇ。
スカーレットは相変わらずエロい。


余談ですが、わたし昔はスカーレットって嫌いだったんだよな。
デル・トロとエレベーターでやっちゃった♡」
とか言ってたころ。
何言ってんだこの小娘、すごいビッ○が出てきたもんだ、と思ったんですが。

しかし今では、
とても22歳とは思えない貫禄とか、
世の中ナメきったような態度とか、
自分の乳に名前付けるところとか、
他のハリウッド女優とは一線を画すあの肉感とか、
惜しみなくというかむしろ見せたがりなくらい脱ぐところとかが、たまらなく好きです。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
私は今でも・・・
スカーレットが嫌いです(苦笑)。

というわけでこんばんわ。『カリスマ映画論』の睦月です。TB&コメントありがとうございました。

この作品、何気にエグかったですよね(苦)
螺旋階段から落ちて、顔がグチャってなるシーンは酷いもんでしたよ(泣)

そのうえ、かなり物語が複雑で・・・ちょいと残念なことになってしまった作品でした(苦)
2006/10/23(月) 01:29:47 | URL | 睦月 #-[ 編集]
TBありがとうございました
こんにちは♪
飛ぶ鳥を落とす勢いのスカーレットですが、この作品ではいまひとつだったような気がします。
「デル・トロとエレベーターで・・」のゴシップはさもありなんという感じでしたね。
あの唇にやられちゃう男性は多いかも(笑)
2006/10/23(月) 10:55:58 | URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
りょうさん。
こちらにもTBコメントありがとう♪

わたしもジョシュ好きだし、
スカちゃんの事、あちらのウワサでなまいきなコムスメって感じで昔は嫌いだったのー。(笑

でも、あの歳であの色気&ボディ☆
男でなくてもクラクラきちゃいそう(笑
ムッチリぐあいが可愛い♪

2006/10/23(月) 20:16:30 | URL | mig #-[ 編集]
たくさん詰め込んだ割に・・・
こんばんは~♪
濃くていろいろなことが詰め込まれていたのに、いまひとつ面白みに欠けた内容でしたね。かなり期待していたのに残念です・・・。
どこかひとつに焦点を絞ればあるいはおもしろく観られたかも?なんて思いますね(^_^;)
2006/10/23(月) 20:49:07 | URL | azamy #GhMHlou2[ 編集]
好き嫌いが別れるかも
>睦月さま

こちらこそTB&コメントありがとうございます。

スカーレット嬢は、好き嫌いがはっきりわかれそうですよね~
嫌い!っていう気持ちも理解できますしw
演技力がすごくある、って感じでもないですし(偉そう)

>何気にエグかった

同感です_| ̄|○
見せ方がエグいですよね。
螺旋階段のところは、つい目をつぶってしまいました^^;
2006/10/24(火) 00:59:14 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
こちらこそ
>ミチさま

TB&コメントありがとうございます。

スカーレット嬢の勢いはすごいですね!
世界で一番美しい女優でしたっけ?
オヤジ受けするのはとっても納得ですよね。

ジョシュたんはまだ若いですが・・・
2006/10/24(火) 01:01:01 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
可愛いですよね^^
>migさま

まったく同感です!w
最初はジョシュたんまでスカーレット嬢の毒牙にかかったか!と思いましたけどww

不思議な魅力ですよね、スカーレット嬢。
ずっと見ていたいと思わせるような。

あー。スカ嬢に生まれ変わりたいw
2006/10/24(火) 01:06:13 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
同感です
>azamyさま

わたしもかなり期待していて・・・
ちょっと残念な感じでした><

>どこかひとつに焦点を絞ればあるいはおもしろく観られたかも

タイトルと内容があってないですよね。
ダリア事件について、もっと掘り下げるか、
深く関わって物語りを進めて欲しかったかも。
2006/10/24(火) 01:08:20 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
原作は実在する猟奇殺人事件にヒントを得たジェイムズ・エルロイのノワール小説ということで、社会派なミステリー作品を想像してたんですけど、ちょっと違ったようです。劇場予告編と実際の中身にちょっとしたズレを感じるんですけど・・・出演はその他に、アーロン・エ....
2006/10/23(月) 08:25:17 | カノンな日々
監督:ブライアン・デ・パルマ CAST:ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 他「LAコンフィデンシャル」の作者ジェイムズ・エルロイが、実在の迷宮入り事件を基に書き上げた小説の映画化。1947年、ロサンゼルス。元ボクサーの警察
2006/10/23(月) 08:46:03 | **Sweet Days**
盛り上がらないストーリーに乗り切れず,眠気を抱えたまま終わりを迎えてしまう微妙な映画・・・
2006/10/23(月) 10:32:18 | Akira's VOICE
映画館にて「ブラック・ダリア」ジェイムズ・エルロイの同名小説をブライアン・デ・パルマ監督が映画化。40年代のロサンゼルスを舞台に、女優志望の女性が惨殺された“ブラック・ダリア事件”を追う刑事ふたりの運命が描かれる。主役となる刑事バッキー(ジョシュ・ハートネ
2006/10/23(月) 10:53:44 | ミチの雑記帳
1940年代のロサンゼルスを舞台に、女優志望の女性が惨殺された事件を追う刑事の物語です。
2006/10/23(月) 12:39:58 | 水曜日のシネマ日記
試写にて『ブラック・ダリア』(THE BLACK DAHLIA)鑑賞。“世界一有名な死体”の話でも、知らない人にはどこまでが事実に基づいていて、どこからがフィクションなのかよくわからず、そのバランスの妙や面白さも半減してしまうかも。ブライアン・デ・パルマ監督4年ぶりの作
2006/10/23(月) 14:07:51 | 試写会帰りに
あんたのはボクシングじゃないわよ!鼻折ってあげましょか?! 
2006/10/23(月) 20:02:07 | ネタバレ映画館
公開を非常に楽しみにしていた作品。けっこう長めなお話のようで、3本立ての最後にもってきたのは正解だったかもしれません。
2006/10/23(月) 20:06:49 | まったりでいこう~
    今日は映画祭以外にトロントで観てきた劇場新作映画3本のうちの2本のレビューいきます{/kaminari/} {/face_hohoemi/}まず、日本でもついに来月公開になるブラックダリア1947年、L.Aを震撼させたブラックダリア事件を基に『L.Aコンフィデンシャル』の原作者ジェイ
2006/10/23(月) 20:18:11 | 我想一個人映画美的女人blog
40年代に起った惨殺事件で「世界一有名な死体」として知られる「ブラック・ダリア事件」をモチーフとした「LAコンフィデンシャル」のジェームズ・エルロイのフィクションノベルの映画化。「アンタッチャブル」でも発揮された映画マニアらしいブライアン...
2006/10/23(月) 20:24:53 | It's a Wonderful Life
「ブラック・ダリア」2006年 米★★★★戦後間もない1947年、ロスを震撼させた猟奇殺人事件。ハリウッドで夢に破れ「ブラック・ダリア」の通り名で呼ばれていた娼婦は、世界一有名な死体となったが、ついに真相が明らかになることはなかった。この実在の...
2006/10/23(月) 21:33:20 | とんとん亭
世界一、有名な死体と、人間たちの闇。
2006/10/23(月) 23:22:02 | 悠雅的生活
オスカー主演男優賞獲得の「カポーティ」を見ようと思った土曜のナイトショウ。時間が合わず、スカーレット・ヨハンソンが出てる、こちらの作品に。といっても、主演は男優・・・ジョシュ・ハートネット。パッとしないが、有名な殺人事件を基にしたサスペンス。
2006/10/23(月) 23:49:42 | ひらりん的映画ブログ
1940年代、ロサンゼルスを震撼させた猟奇事件が映画化!!妖しく猟奇的な時代の空気感と、人間の心の闇を鬼才デ・パルマが濃密に描く!STORY:元ボクサーとしての経歴を持つ、ロサンジェルス市警の名物コンビ、バッキー・ブライカート(ジョシュ・ハートネット...
2006/10/24(火) 01:44:56 | 映画とはずがたり
予告編でかなり期待していた作品でした。実際にあった事件を元に書かれた小説の映画化ですが、脚本よりもブライアン・デ・パルマ的映像にかなり期待していたのです。
2006/10/24(火) 23:11:38 | 映像と音は言葉にできないけれど
1940年代のハリウッド。虚構の迷宮をたゆたう人間模様が、モザイクの様に折り重なって一つの文様を形作る。47年に起こった、未解決の猟奇殺人事件をベースに書かれたジェイムズ・エルロイの小説を、ブライアン・デ・パルマ監
2006/10/25(水) 00:46:20 | ノラネコの呑んで観るシネマ
----監督がブライアン・デ・パルマだよね。確かこの監督好きだったのでは?「うん。ただし、ぼくが彼に熱狂していたのは巨匠と呼ばれるようになった『アンタッチャブル』以前、まだ彼自ら<ヒッチコックの後継者>と名乗っていた頃のこと。デ・パルマは別名<映像の魔術師>
2006/10/28(土) 23:33:06 | ラムの大通り
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆ 理解力の低い自分を恨みます・・・。 
2006/10/29(日) 02:13:09 | カリスマ映画論
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。