壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
プラダを着た悪魔
プラダを着た悪魔 The Devil Wears Prada (2006/アメリカ)

ハッピー・エンド・・・か?

監督
デヴィッド・フランケル David Frankel
脚本
アライン・ブロッシュ・マッケンナ Aline Brosh McKenna
原作
ローレン・ワイズバーガー Lauren Weisberger  『プラダを着た悪魔』(早川書房刊)
出演
メリル・ストリープ Meryl Streep (Miranda Priestly)
アン・ハサウェイ Anne Hathaway (Andy Sachs)
エミリー・ブラント Emily Blunt (Emily)
スタンリー・トゥッチ Stanley Tucci (Nigel)
エイドリアン・グレニアー Adrian Grenier (Nate)
トレイシー・トムズ Tracie Thoms (Lilly)
サイモン・ベイカー Simon Baker (Christian Thompson)
リッチ・ソマー Rich Sommer (Doug)
ダニエル・サンジャタ Daniel Sunjata (James Holt)
レベッカ・メイダー Rebecca Mader (Jocelyn)
デヴィッド・マーシャル・グラント David Marshall Grant (Richard Barnes)
ジゼル・ブンチェン Gisele Bündchen (Serena)
ブリジット・ホール Bridget Hall (Herself)
ハイディ・クラム Heidi Klum (Herself)
ヴァレンティノ・ガラヴァーニ Valentino Garavani (Himself)
and more


【ストーリー】
大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークへとやって来たアンディが就いた職業は、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。オシャレにとことん疎い彼女は、それが次へのステップになればという程度に考えていた。だから、ミランダが何者かもまるで分かっていなかった。彼女こそは、その絶大な影響力に誰もが恐れおののくファッション界のカリスマだった。朝も夜もなく四六時中浴びせられるミランダの理不尽な命令に、いつしかアンディの私生活はめちゃくちゃに。恋人ネイトともすれ違いが続いてしまう。こうして、早くもくじけそうになるアンディだったが…。 (allcinemaONLINEより引用)


メ リ ル ・ ス ト リ ー プ 最 高 。

prada1.jpg

容赦ない鬼っぷり、迅速で的確な仕事っぷり、ゴージャスなファッションに負けない貫禄。
そして、カリスマ女編集長として背負う責任と覚悟と、
内に秘めた、母としての矛盾や虚しさ。
表情やしぐさ、喋り方で自由自在に演じていらっしゃいます。

この繊細な感情の演じ分け。圧巻です。
もーまじですごい。
この女優さんは本気ですごい。
いつもすごいけど、今回は特にすごい(語彙不足w

よどみなく部下に指示を与えたあとの「That's all」の言い方が最高に気に入りました。
あと、アシスタントの呼びつけ方も秀逸!

アン・ハサウェイが主演じゃないの?と思ってましたが、
これは間違いなく、メリル・ストリープの映画。



おしゃれで可愛い映画だけど、
“女が男勝りに仕事すること”への弊害とか、難しさとか、
そんなことも考えさせられる。
「ミランダは悪魔だけど、彼女が男だったら有能だと認めるはずよ」
というアンディのセリフがとても印象的。


女性って、仕事さえ充実していれば満足、ってことは少ないんじゃないでしょうか。
やりたい仕事もして、恋もして、趣味も持ちたい。
でも超超多忙な仕事に翻弄されちゃうと、
すべて同時進行では、うまくやれないんだよね。
アンディは、将来のステップ・アップのために、修行の覚悟でミランダの下で働き、
その仕事に没頭し日々に忙殺されることで、恋人とうまくいかなくなってしまう。

prada4.jpg

彼女はそんな現実に疑問を感じていて、
でも強引で有無を言わさないミランダの、絶対服従の指示に追われながら、上手くいかない現実を「仕方ないから」でやりすごそうとしている。

仕方ないから、他に選択肢がないから、なりゆきでこうなったから。
アンディはいろいろと言い訳を揃えていますが、
「決めるのはあなた」、「決めたのはあなた」そうミランダに助言され、アンディは“自分で考えて”ミランダのアシスタントを辞めます。

そして結局、恋人とも元サヤで幸せ、
ミランダの推薦もあって、念願のジャーナリストになれました☆
というハッピー・エンドなんだが・・・・



だが・・・・・・・・・・・


あのねー。
この、アンディの恋人、ネイルがね、
底 な し に 魅 力 な い の ね 。

prada2.jpg

これが若いころのブラピだったら、
仕事なんかしてないで彼のために生きたら?と思うんだけど(管理人は偏っていますのでツッコまないでください


まずね、「恋人の仕事が忙しいこと」に文句を言う、っていうのがもう、理解できないしウザい。
自分が「仕事とわたしとどっちが大事なの!?」とかいう、
比べても意味のないことに怒りを覚えたりしないので、本当にムカついて、
「アンディ、そんなバカとは別れちゃいなYO!」と叫びそうでした。

あと、したい仕事を一生懸命やっている、
将来のステップ・アップのために今努力している、
そんな必死な状態なのに、
“仕事の電話を取り上げて出させない”なんてありえない。
わたしがされたら、相手を瞬殺するね。

自分の誕生日にアンディが来られなかったら、すねて口聞かないし。
仕事なんだから、そんなのしょうがないじゃんね。
なんでそこに怒るの?あんた子ども?

しかも、自分の仕事には
「俺は朝から晩までワインを煮詰めてるだけなのに・・・」
と不満タラタラ。
結局、自分がしたい仕事できてないから、彼女の成功を妬んでるだけなんじゃないか。
「別に俺は、お前がストリッパーだってかまわないんだ」という、
職業差別をしているからこそ出る、ご立派なセリフも吐いちゃって。

さらに、自分の仕事が決まったら、
手のひら返したように満面の笑みで報告('A`)


結局、仕事で女に負けたくないだけなんちゃうんかと。
優位に立てないと自信が持てないだけちゃうんかと。
そんなダメ男のために、将来有望な仕事を辞める必要があったのかと。


アンディはしたい仕事に就くために辞めたので、ちょっと話が違いますがw

それに、もし自分が、ミランダのような鬼上司にあんな扱いされてたら、
労働組合に訴えてると思いますがw
死ぬほどやりたい仕事だったら、やるかもしれないけど。



そんな、死ぬほどやりたい仕事に命かけている、アンディの先輩エミリーの、嫌な女だけど憎めないキャラも良かった。

prada3.jpg

憧れの仕事に忙殺される自分に「わたしは仕事を愛してる」と暗示をかけながら、トイレもろくに行けず、倒れるまでダイエットしてランウェイに備え、努力する日々。
なのに、ダサくて冴えなかったアンディに負けて、泣きながらパンを貪り食うシーンが可愛かったw
きっと彼女は彼女で、努力し続けてミランダと働いていくんだろうな。


肝心のアンディですが、
「この映画にアン・ハサウェイ?」ってちょっと思ったけど、
最初の冴えない演技が冴えててw、
少しずつ洗練されて美しくなっていく様がとっても良かった。
ま、元が美しいからなんですがね。


出てくるお洋服はどれもゴージャスで、
ドレスに合わせた髪型も、アクセサリーも、靴も、すべてにうっとり。
さすがパトリシア・フィールド。

美容院行ってないけどまーいいかー、とか、
歩きやすいからローヒールしか履かない、とか、
楽な服がすきー、とか、
そういうの止めようと思ったw(分かりやすい
自分は自分で磨かなければ!!!!


パリ・コレのランウェイも本格的で超豪華でしたが、
ハイディにもブリジット・ホールにも、ジゼルにも気付かなかったわたし_| ̄|○
ありえん・・・


あと、BGMも最高。
マドンナはネ申


つか、感想長い。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
あは。^^
か・・ん・・そう…長い。www

それだけ、りょうちゃんの心に沁みた
作品だったんだね。きっと。^^
2006/11/23(木) 21:53:47 | URL | 月雨 #-[ 編集]
りょうさん★
コメントTBありがとう♪

今帰宅して色々みてたらりょうさんも観たんだーと
自分のblogに戻ってみたらりょうさんから同じ時間に(笑)
アハハ★メリル最高だよね!!

サントラも欲しいー!
2006/11/23(木) 22:13:10 | URL | mig #-[ 編集]
上司
有能な上司なら部下ができるかどうかしっかりチェックしている!仕事上の経験からもストリープの有能さがわかりました。
いい上司に出会えるだけで幸せってなもんです。

勢い余って違う記事のTBまでしてしまいました。すみません・・・
2006/11/23(木) 23:30:53 | URL | kossy #YaTS71PM[ 編集]
たしかに!
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました♪

彼氏の感想、、、一緒で笑えました!
子供かよ!って感じでしたもんね。
男女の関係が逆になっちゃってるって感じでで、、、

映画はほんっと楽しかったです♪
またよろしくお願いします。
2006/11/24(金) 19:59:32 | URL | きらら #-[ 編集]
TB&コメントありがとうございました!
こんばんわ!!いつもお世話になっています♪

≫“女が男勝りに仕事すること”への弊害とか、難しさとか、 そんなことも考えさせられる。

私も同じことを感じました。
なんで頑張る女性の描き方ってこういう風にしかできないんだろう?ってちょっとふてくされたりして・・・。

やっぱ男性と女性の性質って根本から違うからなんでしょうね。男尊女卑とか男性優位社会というのも多少関係あるだろうけれど、やっぱ女性独特の欲張りで恋愛体質で寂しがり屋な部分って、大きく影響があるのかもしれないなあとか思ったり・・・。

それにしても、アンディの恋人、・・ホントにブサ○クでしたねえ(苦)
2006/11/24(金) 21:41:11 | URL | 睦月 #-[ 編集]
あは
>月雨さま

ながい・・・よね・・・www

興味なかったら読まないよね、この長さw
でもそれだけ、面白かったんだよーん^^
2006/11/24(金) 23:28:02 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
偶然~
>migさま

TB&コメントありがとうございます^^

同じ時間とは偶然!
なんかうれしいです^^

わたしもサントラ欲しいです!
持っている曲が多いけど、
映画のサントラとして1枚持っていたいかも。
2006/11/24(金) 23:32:58 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
いい上司
>kossyさま

厳しい上司ほど、教えられるものが多い・・・
ミランダほどではないですがw、
過去にけっこう厳しい上司がいたことを思い出しました。

>他の記事
どんどんTBください!
大歓迎です^^
2006/11/24(金) 23:34:44 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
ほんとに・・・
>きらら様

あの彼氏はちょっとwww

わたしも、きららさんの感想が自分とまるで同じだったので笑っちゃいました^^

こちらこそ、またよろしくお願いいたしますね^^
2006/11/24(金) 23:36:12 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
彼氏w
>睦月さま

彼氏ブサ○ク説は、たくさんのブログでお目にかかりますねw

>なんで頑張る女性の描き方ってこういう風にしかできないんだろう

ほんと、睦月さんのおっしゃる通りですね。
恋愛ありき、な描き方というか、
恋を優先しないって、世間的に女として歓迎されないっていうことなんでしょうかね・・・
この映画はこれでいいと思いますけど、
確かにちょっと残念な感じもします。
2006/11/24(金) 23:39:51 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
こんにちは!
TBありがとうございます。
カッコいいメリル・ストリープ
キュートなアン・ハサウェイ
なのに、ホントに、
あの彼が、もう少し、
【食】を仕事にしているというなら
こざっぱりしていて欲しかったと思ってました!
それでも楽しい映画でしたけど...♪

またお邪魔します。
2006/11/25(土) 11:37:46 | URL | いとっち #XmLtyJ.A[ 編集]
TBありがとうございます
>いとっちさま

そう、彼氏小汚かったですよねw
分かります。

でもあの彼、典型的ないまどきのダメな男の象徴だったのかも・・・
なんて思ったりして。

こちらこそ、またよろしくお願いいたします。
2006/11/26(日) 03:30:23 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
TBありがとうございました
こんにちは♪
気に入った映画ってどうしても感想が長めになってしまうんですよね、分かります~!
第一秘書のエミリーが健気で印象に残ります。
スッパリ辞めてしまったアンディですが、エミリーは死ぬまで(?)ミランダについていくんでしょうね~。
2006/11/26(日) 10:02:03 | URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
こんにちは^^
>ミチさま

コメントありがとうございます^^

>エミリーは死ぬまで(?)ミランダについていくんでしょうね~。

同感です~
彼女はきっと、あのままがんばるに違いない。
そして、ミランダにはなれなくても、
きっとファッション業界で力を付けていくんだと思いました^^
2006/11/26(日) 14:41:29 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
おもしろい!
私もダメ男がわからなかったけど、あれはあれで良かったのかなと思うようになりました。そのまま分かれていたら、アンディに対する反発心が倍増しそうです。
世の中に対するアンチテーゼのような、そのあたりがウ・マ・イ!
私はミランダにいちばん感情移入できました、、。
2006/12/05(火) 11:06:49 | URL | shimo #-[ 編集]
>shimoさま

コメントありがとうございました^^

>あれはあれで良かったのかな
あれはあれで、ありがちなことなのかな、と思っています^^;
アカデミー賞獲った女優が、どんどん離婚してるのを見て、
「リアルプラダだわ・・・」と思いました。
2006/12/06(水) 22:28:45 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
昨日観て来ました
はじめまして!
遅ればせながら
私も昨日観て来ました。
観終わった時、
なんだかスッキリしない感が残りましたが、
アンがかわいかったし、
ミランダは怖かったし(笑)
エミリーが妙に人間ぽかったので(笑)
よしとしました(笑)
TBさせていただきましたので、
ご連絡です♪
2006/12/14(木) 14:37:27 | URL | akahai #-[ 編集]
久しぶりに元気の出る作品!!
はじめまして。
男ですが僕も昨日見てきました。
アンの変わり方がとてもスピーディーで。
映画前半のミランダのあの長い注文、シビレました。
僕もマドンナの主題歌も良いと思いますが、挿入歌の【Suddenly I See】KT Tunstall etc が良かったです。
pv貼っときます⇒http://numusics.jugem.jp/?eid=212
2006/12/18(月) 21:39:29 | URL | Ⅴ #-[ 編集]
エミリー
>akahaiさま

コメントありがとうございます^^

そう、妙にすっきりしない感じ・・・
分かります分かりますw
エミリーが一番人間らしくて良いですよね^^
同意見です^^^^
2006/12/18(月) 22:12:41 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
男性にこそ観て欲しい!
>Vさま

コメントありがとうございます^^

>映画前半のミランダのあの長い注文

彼女の演じ方が最高でしたよね~
一言でも聞き漏らしたら、即クビにされそうな緊張感がたまりませんでしたw

>KT Tunstall

いいですよね^^
曲持ってます^^^^
2006/12/18(月) 22:14:35 | URL | りょう #iMGqGyNY[ 編集]
今頃
今頃TBお返しして申し訳ありません・・・。
(溜まりまくってましたので)
アカデミー賞でも、アンディ、エミリーとミランダの
寸劇(?)のシーンは最高でしたね!さすがメリル。
2007/03/01(木) 08:42:43 | URL | kino #01r4NFe2[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/03/27(土) 00:09:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
もう、鬼上司メリルがめちゃくちゃカッコイイ~{/ee_2/}  シルバーヘア、強烈にお似合い☆さすがの貫禄!先日の予告通り、六本木ヒルズで行われたマスコミ試写会に行ってきました{/kirakira/}こんなにブランドの固有名詞がタイトルにハッキリついた作品って今までなかった
2006/11/23(木) 22:08:10 | 我想一個人映画美的女人blog
急遽、友人に誘われ行ってきました。観ようと思っていた作品だったので一足先に観ることが出来て嬉しいかも~。
2006/11/23(木) 22:14:49 | まったりでいこう~
「プラダを着た悪魔」パナソニックセンター有明 東京スタジオで鑑賞女性限定試写会。何故限定なのかは不明。特別どうのと言う試写会でも無かった。羽田着が10:40だったので誰かが車で迎えに来てくれれば間に合うけれども、大きな2つの荷物を地下鉄乗り継いで帰ると12:00
2006/11/23(木) 22:38:48 | てんびんthe LIFE
 発売前の新作ハリー・ポッター。海賊版を売ってしまえば大儲けできるのに・・・
2006/11/23(木) 23:24:27 | ネタバレ映画館
 売人にヤクを売るゲーム!殺されたら減点だ。
2006/11/23(木) 23:25:32 | ネタバレ映画館
ジャンル問わず女性誌がこぞって特集中。ガールズ&レディスは必見『プラダを着た悪魔』11月18日公開。新卒アンディちゃんはジャーナリスト志望。縁あってNYの最高峰ハイファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダのアシスタントになるけど、あんたダサすぎ!と一蹴
2006/11/24(金) 01:55:48 | APRIL FOOLS
監督 : デヴィッド・フランケル 出演 : メリル・ストリープ  /アン・ハサウェイ
2006/11/24(金) 14:24:54 | MoonDreamWorks★Fc2
     「プラダを着た悪魔」公式サイト押切もえちゃんの美脚ポスターも印象的☆女の子ならみんな楽しみに待ってる?今日はこの作品でしたー!アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを志しNYにやって来る。オシャレに関心のない彼女は、無謀にも一流ファッ
2006/11/24(金) 19:57:16 | きららのきらきら生活
本当にやりたい仕事をかなえるために、一生懸命、今を頑張るとか。認められていくようになるステップアップの話に華麗なファッション界の話がわんさかと詰め込まれていれば、女性向けと言われるのは当然だ。個人的には(男だからと言うのもあるが、)イン・ハー・シューズの
2006/11/24(金) 23:28:35 | 八ちゃんの日常空間
『プラダを着た悪魔』鑑賞レビュー!上司と戦い、恋に悩みみんな幸せになりたいと思ってるジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディオシャレに興味のない彼女が就いた仕事は女性なら誰もが憧れる一流ファッション誌 “RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリースト
2006/11/25(土) 03:11:51 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
『 2006 映画観てきました♪ 』 のみやっち ちゃんが、「試写会に当たったからあげるよ」と気前よく私にくれた前売り券、…しかもアトマイザーまでくれました!…で観てきました!みやっち Thank You!中身
2006/11/25(土) 06:58:53 | 映画館で観ましょ♪
(原題:The Devil Wears Prada)※結末に触れる部分もあります。映画をご覧になってから読まれることをおススメします。----これ、ファッションの映画だよね。えいの苦手なジャンルでしょ?「うん。おしゃれからは縁遠い日々を送っているからね(笑)。でも、この映画はフ
2006/11/25(土) 08:22:16 | ラムの大通り
ジャーナリストを目指す女性が、ファッション誌業界で奮闘する物語です。
2006/11/25(土) 09:05:44 | 水曜日のシネマ日記
メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演大学を出たアンディはニューヨークでジャーナリストを目指しますとりあえず応募したのが ファツション雑誌RUNWAYでした自分とは関係ない世界なのですが ステップとして応募したのです職場に行ってみると雑誌編集社と言う雰囲気は
2006/11/25(土) 09:33:57 | travelyuu とらべるゆう MOVIE
軽快に楽しく,元気が出るステップアップムービー。
2006/11/25(土) 11:00:09 | Akira's VOICE
プラダを着た悪魔 (出演 メリル・ストリープ)原題: The Devil Wears Prada (2006)2006年11月18日 日本初公開公式サイト: http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/ユナイテッドシネマとしまえん スクリーン5 I-172006年11月19日(日)21時30分の回ゴウ先生総合評
2006/11/25(土) 13:49:48 | 映画と本と音楽にあふれた英語塾
「プラダを着た悪魔」 2006年 米★★★☆☆                  ↑お友達のアールビーさん作タイトル通りお洒落な映画です。既に押切もえちゃんのおみ脚で、お馴染みのポスター。勿論日本用の宣伝ポスターですが。...
2006/11/25(土) 20:57:40 | とんとん亭
映画『プラダを着た悪魔』の試写会に行った。
2006/11/25(土) 22:42:12 | いもロックフェスティバル
映画館にて「プラダを着た悪魔」ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説の映画化。アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを目指してNYにやってきた。オシャレに関心のない彼女は畑違いの一流ファッション誌“RUNWAY”の面接を受けて、なぜか採用になって
2006/11/26(日) 10:00:01 | ミチの雑記帳
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ Ladeis be Ambitious! 
2006/11/27(月) 14:13:48 | カリスマ映画論
期待値:90%  メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ出演の映画。 「やっぱりメリル・ストリープはす
2006/12/01(金) 00:58:59 | 週末映画!
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。