壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ザ・インタープリター
ザ・インタープリター The Interpreter (2005/アメリカ)
interpreter.jpg
美しすぎる・・・

監督
シドニー・ポラック Sydney Pollack
脚本
スティーヴン・ザイリアン Steven Zaillian
出演
ニコール・キッドマン Nicole Kidman (Silvia Broome)
ショーン・ペン Sean Penn (Tobin Keller)
キャサリン・キーナー Catherine Keener (Dot Woods)
アール・キャメロン Earl Cameron (Zuwanie)
イェスパー・クリステンセン Jesper Christensen  (Nils Lud)
ジョージ・ハリス George Harris (Kuman-Kuman)
and more


【ストーリー】
事件は、アフリカのマトボ共和国で生まれた国連通訳シルヴィア(ニコール・キッドマン)が、同国の大統領ズワーニ(アール・キャメロン)の暗殺計画を聞いたと通報したことから始まる。それ以来、彼女の生活は一変。殺し屋たちのターゲットとなり、同時にシークレット・サービスの疑惑の対象になってしまう。そしてシルヴィアを"保護"する捜査官ケラー(ショーン・ペン)は、彼女の過去を探るうちに彼女自身が陰謀に関わっているのではないかとの疑いを深めていく…。
シルヴィアの抱える"秘密"は、ケラーにとっては"嘘"でしかない。彼女は犠牲者か?容疑者か?それとも───?
数週間前に妻を亡くしたばかりのケラーは、かつてマトボでシルヴィアが体験した悲痛なできごとを知るにつれ、彼女を守り通すことで自分のアイデンティティと愛を取り戻そうとするが……
(公式ホームページより引用)


BLOOMという姓は、南アに多い名前なのかしらん?
今をときめく人気俳優、オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)も、南ア系の血が入ってるんだったよね?(うろ覚え)
あれ、お父さんがアパルトヘイト開放の活動家なだけだっけ?(さらにうろ覚え)

ま、いっか。

とにかく、「絶対そんな美人の通訳なんていない」と確信できるくらい美しすぎるシルヴィアは、イギリス人と南ア人の血を引く、アフリカはマトボ共和国(架空の国)の生まれ。世界平和を祈って、銃でなく言葉の力を使って活動しようとする通訳で、どこか陰のある女性を演じています。

もうとにかくニコールたん萌え!
好きすぎて失神するかと思ったYO

故郷で、「テロリスト撲滅」の名のもとに、無差別大量虐殺を繰り返すズワーニの手にかかり、両親と妹を地雷で失ってしまったという悲しい過去を持っています。
“深い傷を負ったが故の、強い信念を持った女性”を好演。
強がってるけど、ふとした瞬間に子犬のよーにフルフルするニコールたんに(*´д`*)ハァハァしっぱなしですた。


はじめはシルヴィアの虚言や陰謀を疑う、こちらも妻を失ったばかりという悲しい過去を持つシークレット・サーヴィスをあのショーン・ペンが熱演。

この人って、ぱりっとスーツを着られないのかしら?

いっつもヨレヨレダラダラしてる印象なんですけど・・・(ファンの方すみません)
(ヨレヨレダラダラって、ヨダレダラダラに見える)

シルヴィアの過去や事件の真相が明らかになるにつれ、ちょっとずつケラーがシルヴィアに好意を持って気持ちが近づく感じがとってもうまかった。焦らず、待たせず。
しかし、二人がはじめて抱き合うシーンでは、ソファに座ってるのに明らかにニコールのほうがでかいという難点が。
いや、でかさも彼女の魅力のひとつなのだが、なんかちょっとアレだった。(好きです、ニコール)


ズワーニ暗殺の真相解明のため、各要人の尾行をするシークレット・ザーヴィスたち。
“尾行がうっかりバレる”などの、シークレット・サーヴィスに有るまじきミスなどもてんこ盛りですが、シルヴィアと、マトボ開放の活動家クマン・クマン(ジョージ・ハリス)、事件にかかわっているとみられる爆弾テロ犯が同じバスに乗り合わせるシーンでは、すごい緊張感とスピード感があって、手に汗握る展開でした。見ごたえある~


結局、ズワーニ暗殺未遂は、彼本人の人気を高めるための自作自演だったことが、ケラーの手柄により判明。
しかし、両親、妹の他に、愛する兄まで失ってしまったシルヴィアは、ズワーニに近づき彼女の手で暗殺を遂行しようと企てます。

平和をもたらしてくれると信じていたのに、という彼女の苦しみと悲しみが伝わってきて、
そんな簡単に大統領に近づけるものなの?てか、護衛は?
などというつまらない疑問は、彼方へ葬り去られました。

しかも、一国の大統領を殺しかけたのに、国外追放だけで済むニコールたん。
ケラーが弁護をした結果ということでしたが、あまりにも罪が軽いので驚いたYO


それもこれも、全部ニコールたんが可愛いから成せるワザなんだね!!



つか、「インタープリター」だから、「ジ」だよね、邦題・・・



★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ホント、罪、軽すぎますよね。
 
こちらからのTB変になっています??
ご了承下さい~~
2005/05/28(土) 20:55:03 | URL | kazu #-[ 編集]
>kazuさま

こちらこそ、TBありがとうございます。

とくにTBに不具合はないですよ~
大丈夫そうです^^
2005/05/29(日) 01:17:48 | URL | りょう #-[ 編集]
こんばんは!
echo&コメ、ありがとうございました!
正直な感想ですね!
ほんと、ニコール、腹立つほどきれい、、、
2005/10/05(水) 00:35:50 | URL | 猫姫 #-[ 編集]
>猫姫さま
TB&コメントありがとうございます^^

ほんと、なんであんなにキレイなんでしょうか・・・
同じ人間として、質の差を感じます^_^;
2005/10/06(木) 00:48:45 | URL | りょう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
公開初日のナイト・ショウで見てきました。主演はひらりん好みのニコール・キッドマンちゃんとショーン・ペン。これってひらりん的に夢の共演・・・です。AM0:30からの上映開始だっていうのに結構お客さん入ってました。ひらりんが今まで見てきたナイト・ショウの中で一番の
2005/05/28(土) 00:34:58 | ひらりん的映画ブログ
THE INTERPRETER ・・・・・ 公式ホームページ (監督:シドニー・ポラック)☆☆☆☆NO PLINT・カテゴリー:社会>サスペンス>クライム・上映時間:129 分・制作:アメリカ(2005)(日本での公開日/2005・5・21)・ストーリー:アフ
2005/05/28(土) 05:48:29 | Cinema Review
 過去を失った国際通訳(インタープリター) 妻を失ったシークレット・サービス 「哀しみは、これで終わりにしたかった」■監督 シドニー・ポラック■キャスト ニコール・キッドマン、ショーン・ペン、キャサリン・キーナー、アール・キャメロン アフリカのマトボ共和
2005/05/28(土) 12:23:39 | 京の昼寝~♪
国連本部が舞台ということで、珍しいところも観れるかなぁと思い「ザ・インタープリター」を…、いえ、正直言うとニコール・キッドマン目当てです。★★★ニコール、そろそろヒアルロン酸注射だかピーリングだか知らないけど、やめとかないと誰かさん達みたいに一気に来るよ
2005/05/28(土) 14:05:54 | そーれりぽーと
出たがり叔父さん^^;シドニー・ポラック監督の社会派サスペンス。今回もしっかりとS・ペンの上司役でご登場です♪うはは。公開以来、何故かどうも…すぐに観ようという気が起きなくて。。。なんかしつこい、ネチネチとした感じを想像していたのですがいやはや、なかなか面白
2005/05/28(土) 19:56:59 | sean's room
 ニコール・キッドマンの背の高さが目立っていた。六尺くらいあるそうだ。 冒頭から衝撃映像だ。子どもでも銃の使い方がを知っている政情不安の国。ドキュメンタリー番組でも取り上げられたことがあったけど、銃を扱えないと大人にはなれない教育をされる。一方で、3秒に一
2005/05/28(土) 20:06:32 | ネタバレ映画館
国連本部の通訳シルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は 民族紛争中のアフリカの大統領の暗殺計画の会話を偶然聞いてしまう。  その後シークレット・サービスがつくようになるが彼女を警護する捜査官のケラー(ショーン・ペン)は、 シルヴィア自身に疑惑を持ち
2005/05/28(土) 20:18:39 | 花ごよみ
水曜日の夜「ザ・インタープリター」を見た。監督:シドニー・ポラック国連を舞台に、そこでアフリカのマトボ出身でクー語の通訳として働くシルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)がその国の大統領暗殺計画を偶然耳にする。すぐさま当局に通報するのだが、それ以来何
2005/05/28(土) 22:15:14 | Casa de lapiz:鉛筆庵
★ストーリー 『アフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を目指す多くの活動家の命が奪われていた。マトボ生まれのシルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は、ニューヨークの国連本部で通訳として働いていた。ある日、彼女はズワー
2005/05/29(日) 01:56:44 | 一年で365本ひたすら映画を見まくる日記
かなりの緊張感が持続される作品。グイグイ物語に引き込まれて、面白かったです。サスペンス作品にもかかわらず、ニューヨークの街がとても綺麗に撮影されていたのも印象的。最近観た「キングダム・オブ・ヘヴン」同様、人間の争いによって起こる殺し合いの...
2005/05/29(日) 10:32:37 | It's a Wonderful Life
「愛と哀しみの果て」のシドニー・ポラック監督、「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラ製作総指揮、「シンドラーのリスト」のスティーブ・ザイリアン脚本、「めぐりあう時間たち」主演女優のニコール・キッドマン主演、「ミスティック・リバー」主演男優
2005/05/29(日) 12:55:49 | 利用価値のない日々の雑学
「哀しみは、これで終わりにしたかった」全然観る予定じゃなかったこの映画。でも予告編でのニコール・キッドマンが綺麗だと思い、サスペンス映画は好きなので観てみようかしらと。どうせもらった招待券で観るからタダだしね。この映画のウリは初めて国連内部での撮影が許可
2005/05/29(日) 18:18:06 | ひるめし。
UIP映画は「ほっとけないよ♪ 楠瀬誠志郎」じゃなかった「ほっとけない 世界の貧しさキャンペーン」を応援してるそうだ。本編フイルムの頭についてた。「ラブ・アクチュアリー」の監督脚本のリチャード・カーチスのライフワークだとか。このCMに出てるのはブラッド・
2005/05/31(火) 12:14:32 | 映画VS氣志團&タイガー
2005年 米 118分監督 シドニー・ポラック出演 ニコール・キッドマン、ショーン・ペン、キャサリン・キーナー「ザ・インタープリター」公式サイト→ココストーリーアフリカのマトボ共和国。独裁的な大統領ズワーニが治めるこの国では、民主化を...
2005/06/05(日) 02:28:50 | ぺぺのつぶやき
THE INTERPRETER(2005年アメリカ)2005/6/8@某シネコン週末公開が楽しみな『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』の前夜祭映画。映画前に「ほっとけない世界の貧しさキャンペーン」という、長い名前のCMが付きます。■簡単適当にあらすじ■アフリカ某小国元首暗殺の話を、
2005/06/09(木) 20:19:23 | befounddead
マトボ共和国大統領の暗殺計画を知ってしまった国連通訳と、彼女を警護するシークレット・サービスを中心に、現在の世界情勢やテロの恐怖などを鋭い切り口で描いた社会派サスペンス。通訳シルヴィアを演じるのは、「白いカラス」「コールド・マウンテン」のニコール・キ...
2005/06/14(火) 09:37:09 | Imagination From The Other Side
KAZZのこの映画の評価   「じゃんぼぉ~!はばりがぁにぃ~?」さて、何語でしょう?答えは、下の追記に!スピード感があって、楽しめますよ”フォーガットン”程ではないですけどこれは、正統派のサスペンスです組織は出てきますが、残念ながら宇宙人...
2005/06/15(水) 19:22:49 | (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
ザ・インタープリターインタープリターと言えば、インタープリター言語という発想なのですが、おかしいですか?? あはは、、てことで、コンピューター、ハッカーの映画かな?とか思っていたのですが、、、そのものだったのね、、、大統領暗殺未遂狂言と、ニコール・....
2005/09/26(月) 02:44:28 | 猫姫じゃ
DVDにて、「ザ・インタープリター」を観ました。いつもながらの遅い鑑賞です。映画館で観たいです。ザ・インタープリター(THE INTERPRETER)監督:シドニー・ポラック脚本:チャールズ・ランドルフ脚本:スコット・フランク脚
2005/10/16(日) 21:46:03 | 私でもいいですか?
ザ・インタープリターおもしろかったです。全体に飽きさせない工夫があって、わたしは好きですね。特にショーン・ペンとキッドマンを最後まで恋人にしなかった点がサスペンス映画として良かったと思います。しかし、美しいな~ニコール・キッドマン。
2005/10/31(月) 02:10:46 | toyz
アフリカの小国。内戦で民族の半数が虐殺されるという悲惨な状況の中、大統領の暗殺計画が浮上します。謀議を耳にしたのは、国連で小国の通訳を担当している女性職員シルヴィア(ニコール・キッドマン)、通報を受け、シークレットサービスのケラー捜査官(ショーン・ペン..
2005/12/15(木) 14:05:31 | 不良中年・天国と地獄
さるおです。 『THE INTERPRETER/ザ・インタープリター』を観たよ。 監督は、監督も製作も俳優もなんでもできちゃう俳優出身のシドニー・ポラック(Sydney Pollack)。『TOOTSIE/トッツィー』とか『EYES WIDE SHUT/アイズ・ワイドシャット』とか『COLD MOUNTAIN/コールドマウ
2006/01/07(土) 02:43:54 | さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。