壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
サイドウェイ
サイドウェイ SIDEWAYS (2004/アメリカ・ハンガリー)
sideways.jpg
旅とワインと、男と女。

監督
アレクサンダー・ペイン Alexander Payne
出演
ポール・ジアマッティ Paul Giamatti (Miles Raymond)
トーマス・ヘイデン・チャーチ Thomas Haden Church (Jack)
ヴァージニア・マドセン Virginia Madsen (Maya)
サンドラ・オー Sandra Oh (Stephanie)
and more


離婚から立ち直れないダメ男で、小説家志望のマイルス(ポール・ジアマッティ)と、一週間後に結婚を控えた、元人気俳優でプレイボーイのジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が繰り広げる、男二人ワイナリーめぐりの旅。
運転しながらワインを飲みまくり、車を下りても飲みまくり、食事しながら飲みまくり、ベッドの中でも飲みまくる。
旅の中ではさまざまな出来事が起こりますが、それらを通して、マイルスは自分を見つめ直していくことになります。



・・・こんな平凡なストーリーですが、退屈しない130分でした。


マイルス役のポール・ジアマッティですが、ブサイクなのに愛嬌があって、何かのキャラクターか小動物のような、そんな印象で目が離せませんでした。
実は『ペイ・チェック』で、主演のベン様の相棒役を務めたときから気になっていました。一度見たら忘れられない顔です。

んで。
そんなマイルスは、ネガティヴ思考のダメ男で、
前妻を引きずり立ち直れず、小説家になりたいけど出版にはこぎつけなくて万年教師、気になる女性に積極的にアプローチする勇気もなくて、友人のジャックが独身最後の花を咲かせているというのに、ホテルの部屋でポルノ雑誌を読みながらうたた寝してるようなダメっぷり。しかもお腹は出てるしカッパ禿げ。


でもなんか、応援したくなっちゃうんだよな~(*´д`*)


それも、
「がんばって!」と肩をたたくような応援じゃなくて、
「おーい、しっかりしろよ~」って言いつつ見守りたくなるような。

愛すべきダメっぷり。可愛いです。

ジャックの、素直なおバカさんっぷりも笑えます。


ドタバタがけっこうあるのですが、笑いにキレがあるし、カットもうまくてとっても楽しめました。
R-15作品ですが、映像や飲酒運転云々ではなく、作品そのものが大人向け。
子どもは面白くないかも。


わたしはワインに詳しくないので分からなかったのですが、
色んなワインが紹介されて、その味や香り、楽しみ方やブドウの育て方まで、薀蓄が満載。
ワイン通が観たらどう思うのかは分からないですけど、わたしは興味深かったです。ワインにはまってみるのもいいかも、と思ってしまいました。


あと、コンセ内でワイン販売キャンペーンをしていて、
グラスで一杯頂きながらまったり鑑賞できたのが良かった。
面白いサービスでいいね。
意外と、キャラメルポップコーンとロゼは合うことが判明。

おうちでゆっくり、ソファにくつろいでワインを飲みながら観るのをおすすめしたいです。
もちろん、映画館もよかったですけど。




いい男が出ていないことと映画が楽しめないということは、イコールではないと確認できた一本です。

あと、女も顔じゃないんだな、って思いました。


★★★★☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
「サイドウェイ」でワインをゴクゴクなのだ
こんにちは、tkrです。
トラックバックありがとうございました。

さて「サイドウェイ」ですが、とっても楽しい大人の映画でしたね。

大きなカタルシスは無いけど、小さな、それでいてその人にとって実は大きな人生の契機を迎えるきっかけを描いた素晴らしい映画だと思いました。

またよろしくお願いします。
2005/03/15(火) 13:40:07 | URL | tkr #fSXD5O0.[ 編集]
tkr様
なんのコメントもなくいきなりTBしてしまって、すみませんでした。コメント欄が見つからなくて・・・。

また機会があればよろしくお願い致します。
よろしければ、TBしてくださいね(^-^)
2005/03/15(火) 22:06:12 | URL | りょう #-[ 編集]
こんにちは!
この映画すっごく良かったです!
脚本賞を取っただけあって、笑わせながら要所要所きちんとおさえてる感じて、「上手いなぁ」と感服させられました。
4人のバランスが絶妙でとっても楽しめました。

映画は確かに大人向けかも。
ピークを過ぎ、ある意味挫折を味わったからこそ心に染みるのかも。
いい映画でした。
2005/03/18(金) 20:26:44 | URL | ともっち #-[ 編集]
ともっち様
TBありがとうございます。

確かに、挫折を味わったことがあるからこそ、なのかもしれませんね。だからオトナ向けの映画だと感じたのかも。

いい映画でしたね(^-^)
2005/03/18(金) 22:26:35 | URL | りょう #-[ 編集]
はじめまして。
TB送らせていただきました。
思っていたよりも、かなり笑えました。
ワインの薀蓄をえんえんと語るマイルスが愛嬌あってよかったです。(わりとオタクな人種は好きだったりする)
ジャックも可笑しかったです。
2005/04/01(金) 03:31:19 | URL | ぺぺ山田 #-[ 編集]
今さらレス
後になって味が出てくるというか・・・
見た直後より今の方が、映画に対する印象が良いのですが、ペペさんはどーでしょう?
2005/04/09(土) 00:21:18 | URL | りょう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
低予算のわりにはいろんな賞を取ってる・・・って何かで読んだので見てみました。確かに、ゴールデン・グローブ賞では作品賞まで取ってる作品でした。今回は、TOHOシネマズのシネマイレージ特典(6回観ると1回タダ)で無料鑑賞してきました。240人くらい収容のスク
2005/03/15(火) 04:24:01 | ひらりん的映画ブログ
2005/02/26 東京銀座「銀座ガスホール」で「サイドウェイ」の試写を観た。離婚のショックから立ち直れない小説家志望の教師マイルス(ポール・ジアマッティ)は、結婚を一週間後に控えた大学時代からの親友で売…
2005/03/17(木) 23:27:23 | 徒然雑草
★★★★★極上のワインのように味わい深い映画。「人生は極上のワインのように、そのピークを迎える日まで日ごとに熟成し、複雑味を増す。それからはゆっくり坂を下っていくが、ピークを過ぎた味わいも捨てがたい・・・」ピークを過ぎても捨てがたい味わいを持つ人でありた
2005/03/18(金) 20:25:31 | ネコと映画と私
今週の一本に、膳場岳人による『 「サイドウェイ」評/ぱっとしない人生にも祝杯を』を追加。 「サイドウェイ」は、そのものズバリ「(人生の)わき道」を描いた作品。ただし、監督は「アバウト・シュミット」('02)でもお馴染み、シニカルな笑いでほろ苦い人間模様を得意とす
2005/03/21(月) 12:31:27 | I N T R O + UptoDate
この作品のレビューが遅れたのは、東京広しといえども、何と、六本木だけしか公開されていないという「立地条件」にあった。20年前は自分の棲家だったこの町も、山手線の北側に住んでいる身としては、中々行く機会も無く、やはり、「ポンギに映画」を観に行くには、それなり
2005/03/26(土) 16:22:36 | 利用価値のない日々の雑学
USA, 2004JPN Release 2005/03/05Running Length: 2:03Director&Director&ScreenplayAlexander Payne / アレクサンダー・ペインProducerMichael London / マイケル・ロンドンScreenplayJim Taylor / ジム・テイラーBased on the novel byRex Pickett / レックス・ピケットCas
2005/03/29(火) 01:45:59 | CINEMA DU MODE
2004年 アメリカ=ハンガリー 130分監督 アレクサンダー・ペイン出演 ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー「サイドウェイ」公式サイト→ココストーリー人生と恋とワインをめぐるロード...
2005/04/01(金) 03:31:10 | ぺぺのつぶやき
大人の映画ですねー。観終わった後、最近の日本のテレビとか映画でこういうテイストの作品のあるかなと考えてみたんですが、ちょっと見当たらないです。映画のセリフじゃないけど「マーケティングが難しい」ので日本だと企画が通らないような内容かも。「観た...
2005/04/03(日) 11:35:50 | It's a Wonderful Life
ブコウスキーの言葉が引用されたり、エロ本のタイトルが「バーフライ」物書き、酒飲み、ダメ男、ヨレヨレ・・マイルズとブコウスキーがリンクする。どん底の男に、生きる希望が生まれ、人生を、やりなおす気持ちが湧いてくる。味わい深い役者さんが揃っていたし、その感情...
2005/04/07(木) 06:40:18 | こぶたのベイブウ映画日記
 先日「シンデレラマン」を観た時、トレーナー役のポール・ジアマッティがいい味を出していた。それで思い出したのが彼が主演している「サイドウェイ」。初春に公開された時、観ようとして、チャンスを逃していた。興行成績が不振だったのだろう、アッという間に上映が終わ.
2005/09/30(金) 22:21:41 | 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記
監督:アレクサンダー・ペイン出演:ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー   評価:96点(100点満点)公式サイト楽しかった。こんなにニコニコしながら映画を見たのは久しぶりかも...
2005/10/15(土) 01:29:53 | デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
サイドウェイSideways2004年 アメリカ・ハンガリー最初はDVDのジャケットからオシャレな男女の恋の話?とか思ってたけど、始まると、えっ?冴えない中年男の2人連れ旅行っ
2005/12/16(金) 23:55:06 | cinema note+
●映画の満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7点自分はお酒を全く飲まないのですが、ワインを雄弁に語るマイルスの話を聞いて、「ふーん、そんなに違うんだぁ。」と感心してしまいました。基本的に登場する人物が、みんなワイン好きで詳しいんです。ですから、ワイン好...
2006/01/09(月) 10:59:20 | I Love Movie!【ホームシアター映画日記】
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。