壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
24 シーズンⅢ
24 シーズンⅢ Season 3 of '24' (2001~/アメリカ)

一気に観たら肩こった。

監督
ジョエル・サーノウ Joel Surnow
ロバート・コクラン Robert Cochran
出演
キーファー・サザーランド Kiefer Sutherland (Jack Bauer)
カルロス・バーナード Carlos Bernard (Tony Almeida)
レイコ・エイルスワース Reiko Aylesworth (Michelle Dessler)
エリシャ・カスバート Elisha Cuthbert (Kimberly Bauer)
ジェイムズ・バッジ・デール James Badge Dale (Chase Edmunds)
デニス・ヘイスバート Dennis Haysbert (David Palmer)
マリー=リン・ラジスカブ Mary Lynn Rajskub (Chloe O'Brian)
ペニー・ジョンソン・ジェラルド Penny Johnson Jerald (Sherry Palmer)
and more


今ごろ、はじめて観ました。


ここまで観なかった理由は、

キーファー・サザーランドが好きじゃないから
②続けてみるのが面倒臭いから
③長いから
④色々言ってるうちに、どんどんストーリーが進んでしまって追いつけなくなったから

てな感じです。
でも、HDDに全部録画してもらったので、現実逃避もしたいし、全部観てみました。



シーズンⅢのストーリーは、
『生物兵器テロを食い止める、大変な一日。』


このドラマの一番の見どころは、レギュラーメンバーの超人的な体力と精神力と運と、なんというか生き抜く力の半端なさみたいなものをお腹いっぱい楽しめることでしょう。

24時間でヘロイン中毒から脱する(ように見える)ジャックとか。
術後1時間で現場に戻るトニーとか。
致死率100%のウイルス汚染地帯で感染しないミシェルとか。

特にジャックは、潜入先のメキシコで、騙されるほうがバカとしか言いようがない言い訳を繰り返しつつ敵を騙し通したり、仲間のピンチには必ず間に合って活躍するし、何よりあやしい人物を見つける速さが尋常じゃありません。
自分の思った通り事が進まないと切れるし。しかし彼の思うことがいつも正しいので、さすが主役としかいいようがありません。


あと、足りない時間の中で色んなことを引っ掻き回してややこしくする女性陣の押し問答の数々もかなり楽しいです。
キムとシェリーがいなかったら、もっと早く解決して'24'じゃなくなるかもしれないと思いました。


個人的には、皆に虐げられながらも強く前向きに仕事に励むクロエたんが萌えでした。
彼女は常にああいう扱いらしいので、他のシーズンもチェックするつもりです。


全体的には、とっても「見せ上手」なドラマで、続きの気になり加減は過去最高だと思います。
あと、ストーリーのありえなさの、スケールが大きくて笑えました。
それと、キーファー・サザーランドはこれのおかげで知名度があがってよかったね、と思った。今の世代の人たちには、パパより有名になれたんじゃない?
わたしは断然、パパ派ですが。


しかしこのドラマ、どれくらいの人が観てるんでしょうね?
あれだけ広告してるし、けっこう人気なのかなぁ。
わたしとしては、24かCSIかって聞かれたら、迷わずCSIをすすめますがね。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
CSI:4 『第5話 心優しき獣たち』
CSI:4 科学捜査班 CSI:4
csi.jpg

製作
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
and more
出演
ウィリアム・ピーターセン William L. Petersen (Gil Grissom)/野島昭生
マージ・ヘルゲンバーガー Marg Helgenberger (Catherine Willows)/高島雅羅
ゲイリー・ドゥーダン Gary Dourdan (Warrick Brown)/山野井仁
ジョージ・イーズ George Eads (Nick Stokes)/家中宏
ジョージャ・フォックス Jorja Fox (Sara Sidle)/浅野まゆみ
エリック・ズマンダ Eric Szmanda (Greg Sanders)/村治学
ロバート・デヴィット・ホール Robert David Hall (Dr. Al Robbins)/西村知道
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Capt. Jim Brass)/麦人
and more


『第5話 心優しき獣たち : Fur And Loathing』

【ストーリー】
山中の路上で、大型トレーラーと乗用車が正面衝突し乗用車の運転手リンダが死亡する。彼女は路上で何かを轢き、動転して反対車線へ飛び出し事故を起こしたようだった。
路上には何か動物の足跡のようなものが。そしてその足跡の先には、アライグマの着ぐるみを着た男性が、銃で撃たれて死亡していた。
一方、とある食品会社の冷凍庫から、銃殺され凍った遺体となった男性が発見される。犯人に拉致され逃げ出してきたというジョージという男が出頭する。証言によると犯人に冷凍庫へ連れて行かれたと言うが、何故ジョージは殺されずにすんだのか?


「着ぐるみを着たまま」という、一般的には非常識な状況が、事件への興味をより一層強める要因になった感じです。
なんで着ぐるみ着てんのよ、なんで車に轢かれたのよ、てかなんで撃たれてんの!?
と、「落ち着いて見ろよ」と自分に突っ込みたくなるくらい興味津々丸でした(´∀` )

着ぐるみ死体を発見したグリッソムとキャサリン。
着ぐるみとデートしたことある、というキャサリンに、
「君の経験豊富さには驚かされる」
とびっくりした顔をするグリッソムに萌え。

捜査を進めるうち、着ぐるみ男ピットは、“動物の心を持つ人間達”の集会に参加していたことが判明。
“動物の心を持つ人間達”の集会って・・・。
集会では、着ぐるみやらコスプレした動物人間たちがひしめいておりました。ちょっと異様。

そこでグリッソムとキャサリンは、アライグマピットの吐物から出た、青い線維を持つ動物人間を探します。
csi5.jpg
容疑者の一人、猫人間“セクシー”(閉口)

セクシーの話によると、セクシーとアライグマピットは、着ぐるみ世界での仲のいい二人。着ぐるみのままじゃれあったり触りあってコミュニケーションを取るというのだ。
驚いたことに、セクシーの着ぐるみには、ピットの精液がべったり Σ(´Д`lll)
それを見て「異常だ」と言うキャサリンに対し、

「フロイトが言うには、セックスをしない人だけが異常であって、形や相手は自由だ」

とグリッソム(´∀` )
それでいいのか?

んで。
事故で死んだリンダは、ピットの恋人だったことが判明。
彼女も動物人間だったのでした。
人間カップルが、動物カップルに嫉妬して、そしてリンダとピットは車内で喧嘩をしていた様子。
口論&吐き気で車を降りたピットは何故撃たれたのか?
(吐き気の原因は、セクシーに塗られた媚薬のせい。これを塗ったのは、リンダを崇拝するオオカミ男。リンダがいるのにセクシーと浮気するのが許せなかったらしい。複雑。)

それは、近所の人が、コヨーテと間違えて撃ったんだとさ。

結局、恋愛の嫉妬が原因の喧嘩に、偶然の事故が重なっただけの事件と判明。
誰も罪に問われないとして、事件は幕を閉じます。


一方の冷凍人間ですが。

出頭したジョージは、現場の食品会社の社員。
そこに自動販売機があること、警備員のいない時間などを何気なく喋った相手、自分のいとこが、自動販売機のはした金目当てでおこした事件でした。
ジョージもそのいとこもちょっとアホそう・・・

こっちは特筆することなし。

あ、今回はサラたんとニック、仲良く仕事してましたよ。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
CSI:4 『第4話 灼かれて眠れ』
CSI:4 科学捜査班 CSI:4
csi.jpg

製作
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
and more
出演
ウィリアム・ピーターセン William L. Petersen (Gil Grissom)/野島昭生
マージ・ヘルゲンバーガー Marg Helgenberger (Catherine Willows)/高島雅羅
ゲイリー・ドゥーダン Gary Dourdan (Warrick Brown)/山野井仁
ジョージ・イーズ George Eads (Nick Stokes)/家中宏
ジョージャ・フォックス Jorja Fox (Sara Sidle)/浅野まゆみ
エリック・ズマンダ Eric Szmanda (Greg Sanders)/村治学
ロバート・デヴィット・ホール Robert David Hall (Dr. Al Robbins)/西村知道
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Capt. Jim Brass)/麦人
and more


『第4話 灼かれて眠れ : Feeling The Heat』

【ストーリー】
熱射病の続出する猛暑のラスベガスで、3つの事件が起こる。
一つ目は、ショッピングセンターの駐車場で、車内に取り残された赤ん坊が遺体で発見される。車内の温度は62度になっていた。仕事に夢中になり、息子のことを忘れていた、と父親は言うが、解剖の結果、体内から農薬の成分が検出される。これは事故なのか事件なのか・・・?
二つ目は、湖畔で女性が遺体で発見される。発見場所は水の中だったが、彼女の死因は頚椎骨折と頭部打撲。最後に目撃されたとき、彼女は男と一緒だった。そしてその男は行方不明。
三つ目は、一人暮らしの男性が、自室のマッサージ・チェアで死亡していた。男の死因は、感電による不整脈。しかし最近雷が落ちた形跡はなく、何故男は自室で感電したのか、謎は深まる。


猛暑のラスベガスはすごかったι(´Д`υ)アツィー
出演者たちの肌がジリジリ焼ける音が聞こえてきそうでした。

そんな炎天下の車内に放置される乳児。
車内温度62度って_| ̄|○
車内放置で子どもを死なす事件って、どの国でもあることなんですね・・・痛ましいです。
しかしこの事件は、父親のうっかり事故で片付けられようとしましたが、実は殺意あっての故意の事件。
病気で亡くした上の息子と同じような症状が出た 子どもを見て、
「子どもを亡くす恐怖」から逃れるため、両親は計画して子どもを殺します。

すっごい自己中・・・
子どもに苦しい思いをさせたくない、とか言って、結局自分が苦しみたくないだけじゃん。なんてひどい親なんだろーか。
しかも結局、病気だと思ったのは勘違いで、この両親は健康な息子を、自分たちの勘違いで殺したのでした。


二番目の事件では、湖畔で知り合った即席カップルが、飛び込みの事故で死んだ事件です。
最初に見つかった女性と行動をともにしていた男性が犯人として疑われますが、その彼も死体で見つかります。
先に飛び込んだ女性を助けようとして、道連れになったのか・・・?
真相は謎ですが、息子の無実を信じ、死を悲しむ男性の親に対して、ニックが自己判断でそう説明してしまいます。
「おたくの息子さんは、助けようとして亡くなったんですよ」と。
証拠もないのに勝手な判断、とサラに怒られますが、わたしはニックの行動は正しかったんじゃないの?と思いました。
真相が謎なら、周囲が納得いく解決論を持ち出すことも必要だと思う。
CSI的には、突っ込んだことを言わないほうがいいんだろうけど、サラたん、そんな目くじらたてなくても・・・と思いますた。


んで、3つ目は、水に濡れた床を通して、ショートしたコンセントの入り口から手に持った受話器へ電流が走ったことによる感電が原因でした。
微弱な電流が左半身を通ったことで、不整脈を起こしたのですね。
この男性は、扇風機の前にアイスロックを置いて、即席冷却装置を作っていたのですね。その氷が溶けて、そしてこのような結果に。
どれくらいの確率でこんなことが起こるのか疑問に思いましたが、うっかり死って感じでちょっと情けなさを残して終了。


なんか、どれも印象に残らない事件ですた。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
CSI:4 『第3話 喪失 傷だらけの屍』
CSI:4 科学捜査班 CSI:4
csi.jpg

製作
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
and more
出演
ウィリアム・ピーターセン William L. Petersen (Gil Grissom)/野島昭生
マージ・ヘルゲンバーガー Marg Helgenberger (Catherine Willows)/高島雅羅
ゲイリー・ドゥーダン Gary Dourdan (Warrick Brown)/山野井仁
ジョージ・イーズ George Eads (Nick Stokes)/家中宏
ジョージャ・フォックス Jorja Fox (Sara Sidle)/浅野まゆみ
エリック・ズマンダ Eric Szmanda (Greg Sanders)/村治学
ロバート・デヴィット・ホール Robert David Hall (Dr. Al Robbins)/西村知道
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Capt. Jim Brass)/麦人
and more


『第3話 喪失 傷だらけの屍 : Homebodies』

【ストーリー】
一人暮らしの老人マデリンが、自宅のクローゼット内でミイラ化して発見される。強盗犯が彼女を閉じ込め、そこで力尽きて死亡したようだった。その後、他の家にも強盗が入ったとの通報が。強盗犯は同じように家族をクローゼットに閉じ込め、そして娘のスザーナをレイプしていた。
指紋から容疑者が浮かび上がるが、スザーナをレイプしたのは別人と判明。共犯者を割り出し、重要参考人としてスザーナに面通しを依頼するのだが・・・
一方、公園で賞金稼ぎのマドックスの射殺体が発見される。凶器の銃は、そこから離れた閑静な住宅街のとある民家の庭先で発見される。その死の真相とは・・・


今回もまた、会心の作なのでしょうか。
ミイラ死体がかなりはっきり、何度も放映されますた(|| ゚Д゚)トラウマー


それにしても、今回の事件は後味が悪い・・・。
二人組みの強盗犯は、極悪非道というか、思慮が浅くてちょっとした興味を犯罪に結び付けてしまう、超最低なやつらでした。

主任は、犯人たちは「殺すつもりはなかった」と解釈していたようですが、一人暮らしの老人を狙って強盗に入り、クローゼットに閉じ込めてしまうなんて。殺人と同じですよね。


次の家でも、強盗ついでに16歳の少女をレイプします。
家の中で、知らない男に無理やり処女を奪われたスザーナの苦しみと、娘を守ってやれなかった父親の苦しみ。
閉じ込められたクローゼットの扉の向こうで、娘をレイプされるなんて・・・吐き気がするぜ。

スザーナが、面通しの前にサラに打ち明けた
「彼氏とセックスするかどうか悩んでいた話」に、胸が痛くなっちゃいました(´・ω・`)


そして、勇気を振り絞って面通しに協力したのに、結局殺されてしまうスザーナ。そして犯人は野放し・・・
スザーナの遺体発見現場で、声を出さず静かに泣くサラが印象的でした。
重苦しーい結末・・・_| ̄|○



今日は、ロビンス先生の言った“3の法則”を覚えておきましょう。

“空気のない3分間、水のない3日間、食事のない3週間”
これで人は死ぬそうです。




あ、マドックスの事件、書くの忘れた。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
CSI:4 『第2話 狂気の仕置人』
CSI:4 科学捜査班 CSI:4
csi.jpg

製作
ジェリー・ブラッカイマー Jerry Bruckheimer
and more
出演
ウィリアム・ピーターセン William L. Petersen (Gil Grissom)/野島昭生
マージ・ヘルゲンバーガー Marg Helgenberger (Catherine Willows)/高島雅羅
ゲイリー・ドゥーダン Gary Dourdan (Warrick Brown)/山野井仁
ジョージ・イーズ George Eads (Nick Stokes)/家中宏
ジョージャ・フォックス Jorja Fox (Sara Sidle)/浅野まゆみ
エリック・ズマンダ Eric Szmanda (Greg Sanders)/村治学
ロバート・デヴィット・ホール Robert David Hall (Dr. Al Robbins)/西村知道
ポール・ギルフォイル Paul Guilfoyle (Capt. Jim Brass)/麦人
and more


『第2話 狂気の仕置人 : All For Our Country』

【ストーリー】
前回の容疑者であるクランフェルド夫妻が、自室で銃殺された。夫妻の被疑はまだマスコミに漏れていないはずの情報で、グリッソムは警察内部の犯行を疑い捜査を開始する。
一方、連続殺人事件から外されたキャサリンとサラは、下宿先のバスタブ内で死亡した大学生の事件を担当する。お湯と蒸気で膨れ上がった無残な死体は始め溺死と思われたが・・・



今日の感想のメインは断然、ダニエル(バスタブ事件)の死体だと思います(;´Д`)


お湯と蒸気で蒸し上がった変死体。
バスタブからはみ出るほど膨れ上がり、体中のあらゆる液体が外に出ちゃってましたΣ(´Д`lll)


なんだか分からない茶色い液体の中にたゆたう死体。


オエ。


技術班渾身の作!というかんじで、
「俺の仕事、見てくれよ」と言わんばかりの写りっぷりでした。
腫れた体や、変色した脳みそのアップ映像のオンパレード!
食事しながらは絶対観られないと思いました。

食事中に観てた人の感想が聞きたいです。

バスタブに残った何だかわからん液体をかき集めるサラたんとキャサリン。汚れ仕事はニック担当なのかと思っていました。
どういう意図で女子ふたりにあれをやらせる設定にしたのかが知りたいです。



んで、メインの夫婦連続殺人事件の続編ですが。

犯人は意外にも意外な人でした!
あれは予測不可能~

でもなんか、話を引っ張って大事にして、
予想外の展開を客に見せるがために、無理矢理ストーリーつくった感が否めません。


証拠探しに駆り出されるグレッグたん。
おっかなびっくり、慣れない現場仕事に精を出すグレッグたんがフィーチャーされ、今後よりいっそう彼がメインキャラに食い込んでいく様を想像するに容易い構成でございました。

ニックの影が薄くなってゆく・・・・・



あと、警察のコールセンターに美女が現れました。
かなり積極的にウォリックにアプローチする彼女。

容疑者の声の入ったテープをくれ、というウォリックに、

「ただじゃあげられないわ」とのたまっていました。

ただじゃあげられない、って、あなたそれ、仕事ですから!!

「じゃあ飲みに行こう」とあっさり誘うウォリックに、「それじゃ足りない」とせがむ女。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
と、思ったら、


ウ「えー、じゃあ、俺のうちで二人で飲もう」(ちょっと嬉しそう)


「すぐダビングするわ(即答)」






女って・・・
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル




今後、二人の関係がどうなっていくのか楽しみです。



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑

Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。