壺のある生活

映画・DVDのレヴューと感想。データベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
キンキーブーツ
キンキーブーツ Kinky Boots (2005/アメリカ・イギリス)

新しい靴が欲しくなりました

監督
ジュリアン・ジャロルド Julian Jarrold
脚本
ジェフ・ディーン Geoff Deane
ティム・ファース Tim Firth
出演
ジョエル・エドガートン Joel Edgerton (Charlie Price)
キウェテル・イジョフォー Chiwetel Ejiofor (Lola)
サラ=ジェーン・ポッツ Sarah-Jane Potts (Lauren)
ジェミマ・ルーパー Jemima Rooper (Nicola)
リンダ・バセット Linda Bassett (Mel)
ニック・フロスト Nick Frost (Don)
ユアン・フーパー Ewan Hooper (George)
ロバート・パフ Robert Pugh (Harold Price)
and more

【ストーリー】
田舎町ノーサンプトンの伝統ある靴工場の跡取り息子チャーリー・プライス。優柔不断な彼は、婚約者のロンドン転勤を機に、田舎を飛び出して羽を伸ばそうと考えていた。ところが、ロンドンに到着早々、父親の訃報が届く。4代目社長としてあまりにも突然に工場を引き継ぐこととなったチャーリーだったが、工場の実情は倒産寸前と判明、嫌々ながらも従業員の首切りを開始することに。どうにか工場を救おうと悪戦苦闘するチャーリーは、ひょんなことから知り合ったドラッグクイーンのローラの悩みをヒントに、男性向けセクシーブーツの開発に活路を見出すのだった。(allcinemaONLINEより引用)


単館上映でしたが、連日超満員の人気っぷりでなかなか観に行けず。
しかし今回、109川崎で上映してくれるってんで、喜び勇んで観にいってまいりました。


分かりやすいサクセスストーリーで、ハートウォーミングたっぷり。
偏見あり。仲直りあり。
自分では偏見がないと思っていたつもりだったのに、本心が違ったり。
理解し合えない恋人と破局して、一緒に工場を立て直した彼女と上手くいったり。

ストーリー展開は実に分かりやすくて、
これといって見せ上手な映画でもなかったけど、
実話が元になっている、ってのが面白いかも。
180cmはある巨体を、鉄棒入りのピンヒールで支えようという発想がw
ニッチ産業の中のニッチ産業ですよね。
ものすごいピンポイント。

そこに賭けたチャーリーを理解できなかった彼女のニコラですが、
理解できなくて当然だと思いました。
結婚を間近にして、倒産寸前の会社を売りもせず、
ドラッグクイーンのためのブーツを作り出す彼氏とかwwwwww
ありえないwwwwwwwwww


ドラッグクイーンたちのブーツは、
セクシーだけどやはりゴツくて「ステキ!」とは到底思えませんでしたが、
靴をフィーチャーしているのでとっても楽しかったです、靴好きには。

ニコラが憧れて、結局自分で買った赤いパンプスが超可愛かったですね。
あれほしーい。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
セイ・エニシング
セイ・エニシング Say Anything... (1989/アメリカ)

ジョニーのかわゆさは異常

監督・脚本
キャメロン・クロウ Cameron Crowe
出演
ジョン・キューザック John Cusack (Lloyd Dobler)
アイオン・スカイ Ione Skye (Diane Court)
ジョン・マホーニー John Mahoney (James Court)
リリ・テイラー Lili Taylor (Corey Flood)
エイミー・ブルックス  Amy Brooks (D.C.)
パメラ・シーガル Pamela Segall (Rebecca)
ローレン・ディーン Loren Dean (Joe)
ジェレミー・ピヴェン Jeremy Piven (Mark)


【ストーリー】
高校卒業を間近に控えたある日、キック・ボクシングに熱中する青年ロイドは、美人で優等生の娘ダイアンへのアタックを女友達の前で宣言。無謀に思われた卒業パーティーへの誘いを彼女は意外にもOKの返事。次第に打ち解け合っていく二人の心は、やがて互いを一つに結びつけていく。(allcinemaONLINEより引用)


17年前の映画!
J.C.ファン絶賛&友人も最近観て印象深かったとのことで、
今になって観てみたょ。

ここのところ、なんだかとてもジョニーに首っ丈なので、
当時23歳の、若く美しく異常なほどかわゆいジョニーにばかり目がいってましたが、
これってキャメロン・クロウ監督作品だったんだね。
・・・別にファンじゃないので、だからどうってことはないのですが。
エリザベスタウンは観たいのだが。未だ観てないのだが。


そんなことよりジョニーですよ、ジョニー。

人にはあまり理解されないのですが、
わたしはジョニーの、
「ブサイクだけどなんか知らんがセクシー」なところが好きなんですよ。
しかしね、これを観て分かったの。

彼はブサイクじゃない。

むしろ美形。
どちらかというとハンサム。
なんていうかキレイ。

ということはつまり、
時の流れのなんと酷なことか・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


おっさんでも好きだよ>ジョニー



・・・さて、そろそろ映画の話でも。

ヒロインのアイオン・スカイがとっても良かったです。
純粋で素直な女の子で、少しずつロイドに心惹かれていく様子がすごく可愛い。
ダイアンをモノにしようと一生懸命なロイドも良いんですが、
恋に勉強に家族のために、とにかくなんでも一生懸命なダイアンが非常に良い。
ダイアンなりに頑張って、いっぱいいっぱいになってる感じがキュートでした。

しかし、ロイドとやっちゃったことを素直にパパに報告するシーンには笑った。

何でも話す仲のダイアンとパパなので、
「ロイドと寝たことを黙っていること」に罪悪感を覚えるダイアン。
そこは黙っていてもいいんじゃないだろうか・・・
しかも、
「彼と寝たの、それもわたしから襲っちゃった(テヘ」
ってwwwwwww
それも、悪気はいっさいないから、パパ可哀相wwwww

まぁこのシーンは、
そこまで何でも話す仲だったはずなのに・・・・・という展開の伏線なわけですが。


とにかく、可愛い映画です。
気持ちに余裕があって、ヒマなときにでもどうぞ^^


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
イルマーレ
イルマーレ The Lake House (2006/アメリカ)

キアヌってとっくり好きだね

監督
アレハンドロ・アグレスティ Alejandro Agresti
脚本
デヴィッド・オーバーン David Auburn
出演
キアヌ・リーヴス Keanu Reeves (Alex Wyler)
サンドラ・ブロック Sandra Bullock (Kate Forster)
ショーレ・アグダシュルー Shohreh Aghdashloo (Anna Klyczynski)
クリストファー・プラマー Christopher Plummer (Simon Wyler)
ディラン・ウォルシュ Dylan Walsh (Morgan)
エボン・モス=バクラック Ebon Moss-Bachrach (Henry Wyler)
ヴィレケ・ファン・アメローイ Willeke van Ammelrooy (Kate's Mother)
リン・コリンズ Lynn Collins (Mona)
and more


【ストーリー】
静かな湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。ここに住む女医のケイトはシカゴの病院に着任することになり、愛着のあるこの家から引っ越すことに。彼女は次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。一方、建築家のアレックスは子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた。彼はそこで郵便受けに奇妙な手紙を発見する。それは、ケイトが残していったあの手紙だった。しかし、この家は長いこと空き家になっていたはず。不思議に思い、アレックスはケイト宛に返信を送る。やがて2人は、ケイトが2006年、アレックスが2004年の時代にいることを知るのだったが…。(allcinemaONLINEより引用)


韓国映画のリメイク作品。
キアヌ&サンドラの再共演で話題になりましたね。



以下ネタバレあり



thelakehouse01.jpg

二人には2年間の時間差がある、という設定になっています。
どうやって愛を育むのかとか、
果たしてどんな結末になるのかとかが大事な見所だと思うのですが、
日本公開前に『ベスト・キス賞』なるものを受賞した二人('A`)
「出会っちゃうのかよ!」と突っ込まずにはいられませんでした。
今週末公開する『ワールド・トレード・センター』の、
『勇気、そして生還』っていうトレーラーくらい、Too much Informationだお(´ヘ`;)

まぁしかし、設定からしてかなり無理のあるお話なので、
ツッコミはあまり意味がないのですが。


かなりスピーディに話が進んでいくので、
2年間のタイム・ラグがあまりうまく描かれていなかった気がする。

しかし、そんなところをじっくりみせられてもたぶん飽きるので、
ファンタジーとしてさらっと楽しむのが正解かも。
ディズニー映画を観るような感じで。
ほら、「どういう作用で王子様が野獣になったわけ?」とかツッコまないでしょう、ディズニー映画には。


キアヌ&サンドラだから観たけど、
韓国映画だったらぜっっっっっっっっったい観なかったと思います。


あと、題名は、原題のままの方が良かったと思う。
「イルマーレ」っつーのは、二人が○○で○○○な場所ですが、
原題の方が分かりやすいっつの。


★★☆☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
セレンディピティ
セレンディピティ Serendipity (2001/アメリカ)

ベッキンたんかわゆすぎる!

監督
ピーター・チェルソム Peter Chelsom
脚本
マーク・クライン Marc Klein
出演
ジョン・キューザック John Cusack (Jonathan Trager)
ケイト・ベッキンセイル Kate Beckinsale (Sara Thomas)
ジェレミー・ピヴェン Jeremy Piven (Dean Kansky)
モリー・シャノン Molly Shannon (Eve)
ジョン・コーベット John Corbett (Lars Hammond)
ブリジット・モイナハン Bridget Moynahan (Halley Buchanan)
ユージン・レヴィ Eugene Levy (Bloomingdale's Salesman)
ルーシー・ゴードン Lucy Gordon (Caroline Mitchell)


【ストーリー】
クリスマス前のニューヨーク。買い物で賑わうデパートでジョナサンとサラは出会った。それは偶然に同じ商品の手袋へ手を伸ばした時。2人は譲り合っているうちに惹かれ合うものを感じ、“幸せな偶然”という名のカフェ“セレンディピティ”でお茶をする。2度目の偶然の再会はすぐに訪れ、2人は運命を感じはじめていた。しかし、サラはこれが本当の運命なのか試そうと、ある“提案”をして去っていった。
数年後、ジョナサンは婚約し、一方サラはミュージシャンの恋人から求婚されていたが、まだ2人はお互いを忘れられないでいた…。(allcinemaONLINEより引用)


こんな“幸せな偶然”が重なってたまるかこのやろう。
羨ましすぎるんだぜヽ(´Д`;)ノ


以下ちょっとネタバレ


出会って数時間一緒に過ごしただけの気になる人。
それから数年、他の恋人と幸せに暮らし、
それぞれが結婚や婚約というステップを踏みながら、
どこかでその過去の気になる人を追い続けている二人。

さまざまな運命と偶然に助けられ、
サラとジョナサンは再会するハッピーエンドなんですが、
サラと再会したがために、結婚式当日に捨てられたハリーの立場ったらないわよね('A`)

結婚式は中止されたと知ったときに、思わず泣いてしまったサラの喜びが伝わって嬉しくなったけど、
結婚式を中止されたハリーのショックを想像すると死にたくなるおね(´∀` )

ていうか、結婚決めるほど深く付き合ってるくせに、
過去の女性を忘れられずにいるってけっこうひどくね?
忘れられないだけじゃなくて、
彼女の手がかりを探し続けてるって、
ハリーの立場だったら、すっごい傷付くよね。
傷付くっていうか、トラウマ決定だよね。
わたしなら男性不信になるわ・・・


んでも、ジョナサンもサラも、恋人が好きじゃないわけじゃない。
ただ、過去に出会ったサラが、ジョナサンが忘れられないだけ。

今も十分幸せだけど、
あのとき出会ったあの人にもう一度出会えたら、
もしかしたらもっと幸せかもしれない、そう思うことがあるだけ。


そういう気持ち、すっごく分かるわぁ。

誰だって、過去にすごく好きな人がいたり、
気になる人がいたことがあると思います。
もう終わってしまった関係だったり、
二度と会うことがないと分かっていても、
ふとしたときに思い出したり、
もう一度会いたいな、と思ったり。
仮に再会したからといって、必ずしもよりが戻るわけでも、
関係が変わるわけでも、進展するわけでもない。
でも、自分にとって「かけがえのない存在」であり、
恋人がいても、今の恋人を世界で一番愛していても、
ずっと気になる存在であることに変わりはない、みたいな人。
そんな人がいるってこと、けっこうあると思います。


映画では、それがお互い両思いで、
たまたますべてが上手くいきました、というだけ。

上手くいく確率は、もんのすごい低いと思いますけど(´∀` )



しかし、実際我が身にこんなセレンディピティが訪れたら、
幸せすぎて失禁すると思うよ。


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
X-MEN:ファイナル ディシジョン
X-MEN:ファイナル ディシジョン X-MEN: The Last Stand (2006/アメリカ)

これで終わり・・・!?

監督
ブレット・ラトナー Brett Ratner
脚本
ザック・ペン Zak Penn 
サイモン・キンバーグ Simon Kinberg 
出演
ヒュー・ジャックマン Hugh Jackman (Logan/Wolverine)
ハル・ベリー Halle Berry (Ororo Munroe/Storm)
パトリック・スチュワート Patrick Stewart (Professor Charles Xavier)
ファムケ・ヤンセン Famke Janssen (Jean Grey/Phoenix)
イアン・マッケラン Ian McKellen (Eric Lensherr/Magneto)
レベッカ・ローミン Rebecca Romijn (Raven Darkholme/Mystique)
アンナ・パキン Anna Paquin (Marie/Rogue)
ショーン・アシュモア Shawn Ashmore (Bobby Drake/Iceman)   
ジェームズ・マースデン James Marsden (Scott Summers/Cyclops)
ケルシー・グラマー Kelsey Grammer (Dr. Hank McCoy/The Beast)
エレン・ペイジ Ellen Page (Kitty Pryde)
ベン・フォスター Ben Foster (Warren Worthington III/Angel)
アーロン・スタンフォード Aaron Stanford (John Allerdyce/Pyro) 
ヴィニー・ジョーンズ Vinnie Jones (Cain Marko/Juggernaut)
and more


【ストーリー】
プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、“ミュータントは病だ”と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬“キュア”が開発される。“ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか”という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。マグニートー率いるブラザーフッドは、キュアの根絶を狙い、キュア開発のカギとなる少年ミュータント、リーチの強奪に動き出す。一方、X-MENは人類とミュータントの全面戦争を回避しようと奔走する。(allcinemaONLINEより引用)



超ネタバレ。注意。



今回は、
Ⅱで犠牲になり、死んだと思われていたジーンが戻ってきます。

無意識のパワーを操るもう一人の人格、
「フェニックス」に支配されるジーン。
このフェニックスの力を使って、
ミュータントを「治療」しようとする人間を始末しようとするマグニートー。
人間虐殺に反対する、プロフェッサー率いるX-MEN。
彼らの、最後の戦いです。
xmen01.jpg


ミュータント化してしまった息子を救おうと、
とある科学者が治療薬「キュア」を開発します。
xmenangel.jpg
服の下に羽を隠して生きる“エンジェル”


しかし、ミュータント化は病気じゃない、とミュータントたちは猛反発します。
それを利用して、マグニートーは
「人間はミュータントを根絶させようとしている」と訴えかけ、
「ミュータントは人間より優れている」という根拠の元、人間に攻撃を仕掛けます。

その切り札が、「フェニックス」。
ジーンの第二人格で、欲望のままにすべてを破壊し尽くす、クラス5のミュータント。
フェニックスのパワーを制御できないジーンは、
愛していたはずの恋人、スコットを殺し、
自分を救おうとしてくれた恩師まで殺してしまいます。

利用されるがまま、
フェニックスの思うままに、「すべてを」破壊するジーン。


マグニートーから救うため、
フェニックスの支配から救うため、
ウルヴァリンはジーンを殺します。

「目を覚ませジーン、愛している」

そういって、ジーンに爪を突き刺すウルヴァリン。

何も殺さなくても・・・!
キュア打てばいいじゃんかー!
と思ったけど、キュアは効いてないことが後で判明して納得。

でも、安心したような表情で死ぬジーンに、
ちょっとウルっときますた


しかし、ダムで跡形もなくなったと思われてたのに、
ずいぶんとあっさり生き返ったジーンのことだから、
また墓の中から出てくるかもしれないね(゚ー゚*)

それに、キュアは効いてないわけだし、
プロフェッサーも復活するし、
結局元通りになるのかしら?



全然最後じゃねEEEEEEEEEEEEEEE!



というか、これで続編がないなんてありえない!
ハル・ベリーが契約サインしないから、なんていわれていますけど、本当のところはどうなんでしょうかねぇ。
「ストームの役は辛い」そうですけど。
そんなの、スタント使えばいいじゃん・・・
xmenharry.jpg
ワイヤーで吊るされ、回転させられ、ゲロ吐きながら仕事したらしいハリーたん


しかし、各主要キャラのスピン・オフ作品は順次公開されるようなので、
気が向いたら観に行こうかと思います。

つーか、今回はじめて素顔(特殊メイク前)を晒したミスティークですが、あなた美人すぎるお・・・・・(*´д`*)
今までがコレ↓だったので、驚きも倍増
xmenmist.jpg


「キュアは効いてない」ことを分かりやすく表現するために、
ミスティークはまたミュータント姿に戻ってしまうようですが。
残念。


それより、キュアを打たれて力を失ったマグニートーの、
しょんぼり落ち込む背中に萌え!
力が戻って良かったね^^


★★★☆☆



人気blogランキング』参加中。
↑役に立った&面白かったらポチッとな。↑
Copyright © 2006 Ryo@tsubo. All rights reserved.
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。